HOME > ピーリング

ピーリング

こんな方におすすめ

黒ずんでしまった歯茎をピンク色に戻したい
黒ずんでしまった歯茎をピンク色に戻したい

「ピーリング(ガムピーリング)」とは、黒ずんだ歯茎を元の血色のいい健康的な色に戻す治療のことです。
歯茎の黒ずみはメラニン色素の沈着によるもので、これはお肌と同じです。
これに対しては、歯茎をpeel「皮を剥く」しかありません。
当クリニックでは、医療用レーザーを使った「レーザーピーリング」や、薬剤を使った「ケミカルピーリング」を行っています。

気になる痛みは?

「皮を剥く」というと、何となく痛いイメージがありますが、当クリニックでは医療用レーザーや薬剤で、歯茎の皮をとても薄く1枚剥くだけなので、ほとんど痛みは感じません。

レーザーピーリング

医療用レーザーを歯茎に照射することで、歯茎の黒ずみを安全かつ確実に取り除く方法です。
レーザー照射後は、多少チクチクするようなことがあります。しかし、すぐに回復します。

ケミカルピーリング

薬剤によって歯茎の表面の皮を薄く剥いていく方法です。
歯茎に薬剤を塗布します。塗布後は少しヒリヒリするような痛みがある程度で、治療食後はいったん歯茎が白くなります。
2~3日経つと、歯茎の薄い膜が自然にはがれていき、さらに1~2週間ほどでピンク色の歯茎に変わります。

西審美治療NAVI 監修 さかまきデンタルクリニック