HOME > セラミックのかぶせ物(クラウン)各種

セラミックのかぶせ物(クラウン)各種

こんな方におすすめ

治療痕のかぶせ物・差し歯を白く形よくしたい
治療痕のかぶせ物・差し歯を白く形よくしたい

治療痕に使用するクラウン(かぶせ物・差し歯)は、保険診療のものだと素材が銀になり、口を開けたときにギラギラと目立ってしまいます。
そこで当クリニックでは、白い陶器でつくった「セラミック」のクラウンを豊富に取り揃え、患者さまのご要望やご予算に応じて適切なものをご提案しています。
セラミック製のクラウンは、審美性、加工性がともに高く、見た目のよさと機能性を兼ね備えているのが特徴です。

ハイブリッド・セラミック・クラウン

「ハイブリッド・セラミック・クラウン」とは、陶器とプラスティックを混合した素材です。このクラウン(かぶせ物)を歯にかぶせて治療を行います。

色調

オールセラミックほど透明度はないものの、比較的自然な白い素材です。

強度・硬度

セラミックの欠点である「硬すぎる」という点を改良しているので、天然歯に近い優しい素材です。
噛む力がかかる奥歯などへの使用が最適で、ブリッジ(義歯の一種)に適応することもあります。

その他のメリット

歯の質感や色などを合わせやすく、歯の型・大きさの変化にも自由に対応できるので、自然な仕上がりとなります。

セラミック・クラウン(オールセラミック・クラウン)

「オールセラミック・クラウン」は、金属を使用せずセラミック(陶器)でつくったクラウン(かぶせ物)です。
歯を一回り小さく(約1.5~2.0mmほど)削った上にクラウンをかぶせることで、歯並びや色、形を美しく整えます。

色調

金属を一切使わないため審美性に優れており、歯と歯肉の間の境目が黒くなることもなく自然な仕上がりになります。

強度・硬度

硬すぎることがなく、噛み合わせの歯を傷つけることがありません。

その他のメリット

前歯の歯並びを整えたり、虫歯治療後の奥歯にも使用できます。
金属を使用していないので、金属アレルギーが気になる方にも安心です。

ジルコニアとは?

オールセラミック・クラウンの内冠に使う素材で、人口ダイヤとも呼ばれています。

【特徴】

  • 金属より硬く、これまでのセラミック素材の3倍ほどの強度があります。
  • 透明感があり、審美性に優れています。
  • 生体親和性が高く、アレルギーの心配がありません。
  • 耐熱性、耐腐食性、耐久性が高い。
ファイバーコアー

グラスファイバー素材でつくった差し歯の土台で、オールセラミック・クラウンとの併用でより自然な色調が出せます。

【特徴】

  • 従来の金属性の土台は光を通しません。一方、ファイバーコアーは光を通すため、オールセラミック・クラウンとの併用で、より自然な色調の歯に仕上がります。
  • 金属製の土台は非常に硬く、そのため強い力が加わると歯が破折してしまう可能性があります。しかし、ファイバーコアーは適度なしなやかさがあり、破折の心配がありません。
  • 金属を使用していないので、金属アレルギーが気になる方にも安心です。

セラミック・クラウン(メタルボンド・クラウン)

中は金属ですが、外から見える部分はセラミックでできている素材です。前歯でも奥歯でも対応します。

【特徴】

  • メリット……強度がある。精度が高く、適合性がよい。色ツヤを保つことができる。
  • デメリット……金属アレルギーが起きる可能性がある。金属によって歯肉の黒ずみが起きたり、歯周炎を誘発する可能性がある。オールセラミック・クラウンよりは見た目が劣る。
西審美治療NAVI 監修 さかまきデンタルクリニック